ニキビケア 修復

ニキビケア〜まずは洗顔が要

ステップ 1) 話題のクレイ洗顔〜吸着という新しい洗顔方法
最近話題になっているのがクレイ、つまり粘土を利用した洗顔方法です。ココで注意して欲しいのは、クレイがどの程度配合されているのか、ということ。

 

化粧品は全成分表示が義務付けられていますので、たとえ僅かでもクレイが配合されていれば、クレイ洗顔料となります。

 

クレイも含まれているけれど、他の成分が主に洗顔料として配合されている場合もあります。ニキビケアとして、クレイの性質を利用した洗顔料が欲しい場合は、この点にも注意して下さい。

 

ビーグレンのクレイクレンジングクリームは、クレイ自体の持つ吸着とイオン交換の性質のみを利用した洗顔料です。発泡剤は配合されていませんので、泡は立ちません。

 

天然クレイには自然が与えた不思議な力があります。「汚れ」を吸着するというチカラです。ビーグレンのクレイクレンジングクリームに使われているクレイは、ベントナイトと呼ばれる鉱物に含まれる超微粒子のクレイ(粘土)を精製して純度を高めたモンモリロナイトを使用しています。

 

モンモリロナイトはマイナスに帯電していて、プラスに帯電している汚れ、つまり毛穴に残っているファンデーション、 ほこり、ダニ、カビ、雑菌、ニキビの原因アクネ菌、アカなどを引き寄せて吸着します。これが吸着洗顔。モンモリロナイトが汚れを抱きかかえて肌から取り除くことで洗顔ができるのです。

 

肌をこすることもないのでニキビで炎症等トラブルを起こしている肌にストレスを与えず、清潔に保つことができます。さらに余分な皮脂のみを取り除くので、皮脂の過剰な分泌も起きません。

ビーグレンのクレイクレンジング〜イオン交換

モンモリロナイトの表面のプラスとマイナスの結合は弱いため、マイナスに帯電しているモンモリロナイトが他のイオンに触れると、他のイオンが持っているプラスとモンモリロナイトのプラスを瞬時に交換反応をおこります。

 

この性質を利用して、クレイクレンジングクリームにヒアルロン酸、カミツレエキス、スクワランなどをあらかじめ配合してあります。洗顔の際にモンモリロナイトが自分のプラスの美肌成分と、肌のプラスの汚れを交換します。これがイオン交換です。

 

イオン交換の結果、肌の汚れはモンモリロナイトが吸着し、洗顔で流れ落ちます。そしてモンモリロナイトに配合されていた美肌成分が肌に残るのです。

 

また、モンモリロナイトには皮膜を形成する働きもあり、超微粒子が洗顔後の肌を乾燥から守ります。洗顔後、肌のヌルつきを感じるのはこのためでもあります。

クレイクレンジングクリーム

 

クレイクレンジングクリームを適量(1cm〜4cm、自分に合った量を)濡れた肌になじませて、くるくるマッサージをするように洗顔します。

 

今までの洗顔のように、さっぱり感、すっきり感はないと思いますが、一度体験するとクレイクレンジングクリームの洗い上がりのしっとり、ツルツルがニキビの改善が楽しみになる、肌の若返りの洗顔と言えるでしょう。

クレイの保湿ローションと浸透するビタミンC美容液

ステップ 2) ナチュラルクレイの保湿ローション

ナチュラルクレイ保湿ローション


植物の保湿成分を6種類ブレンドした、保湿化粧水が炎症を抑え、モンモリロナイトの超微粒子の膜が肌バリアとなってニキビの悪化を防ぎます。植物のエキスが増量され、少しトロッとした保湿化粧水です。

 

クレイクレンジングクリームの洗顔後、きれいになった肌にたっぷりの保湿成分が浸透することで、ニキビの改善の効果が増します。

 

ステップ 3) ビタミンC美容液でニキビ跡を修復
ビタミンCには美白効果やコラーゲンの生成などのほかにも、皮脂の過剰な分泌を抑制したりニキビ跡の修復をする働きを持っています。しかし、ビタミンCは大変壊れやすいうえに、水溶性なのでそのままでは肌の奥に浸透して、その効果を発揮することができません。

 

多くのビタミンCを配合した化粧品は、浸透しやすいビタミンC誘導体を使っていますが、ニキビには誘導体に含まれる油分は好ましくありません。

高濃度ビタミンC美容液Cセラム

 

ビーグレンのビタミンC美容液、CセラムはピュアビタミンをQuSomeカプセルにつつみ肌に浸透させることでニキビで傷んだ肌を修復し、ニキビの改善、予防に効果を発揮します。

 

ビーグレンのニキビケアで、大人ニキビの悪化を阻止し、ニキビ跡を修復、ニキビの出来にくい肌に若返りさせましょう!

 


ビーグレンの浸透するコスメでニキビケア

ビーグレンの浸透するコスメでニキビケア